委員会活動報告

シニア部会

2020.01.01

2020年活動方針(機関誌No.122より)

6年間の支部事務局長の任を終え、現在支部役員としてシニア部会の主査を務めさせていただいております森です。シニア部会は、平成30年度の支部総会で承認された発足間もない部会ですが、「これからの支部活動を担う若手構造技術者への技術の伝承」を活動の骨子としています。

具体的な活動の一つとして、JSCA設立当時から支部所属の会員として活躍されている大先輩方を講師とした構造塾の開催があります。まだ実績は1回(5人の講師による6回の連続講義)ですが、年1回の構造塾開催を目指して活動しています。第1回目の構造塾では、延べ120名の若手構造技術者が参加し、文献や書物等では得ることのできない技術を知り得たこと、先輩の知恵に学ぶ良い機会であったこと等の意見を頂き、構造塾開催の手ごたえを感じました。特に先輩方の豊富な実績と経験に裏付けされた考え方やアナログ的な構造センスを感じ取ることができれば、夫々職場での仕事の一助になる場合もあるのではないかと思っています。今後も、構造塾では30歳以下の若手構造技術者を対象とし、少人数で講師と心地よいコミュニケーションがとれるような環境を心掛けたいと思います。

先輩方に一層のご協力とご指導をお願いしながら、若手技術者の成長の糧となる活動を目指していきたいと思います。